出来てしまったシミを薄くする方法について。化粧品をはじめ、飲み薬やレーザー治療などシミを改善するための方法を解説。

化粧品でシミ対策

シミ、美白用のコスメは、数多く販売されていますが、 今まで様々なタイプを試してきたが、効果はほとんどありませんでした。 殆どの美白化粧品があくまでもシミを予防する成分しか入っていなかったからです。 ひどくなると、ホワイトと言う名前は付いているにもかかわらず、まともな美白有効成分が入ってないものもありました。

美白化粧品に配合されている成分で多いのがビタミンC誘導体です。 ビタミンC誘導体には紫外線を浴びた時に作られるチロシナーゼ酵素を阻害する役割があります。 その他にもコラーゲン合成、皮脂バランスの調整などの働きもあり、美容におすすめの成分です。

ただ、紫外線によって出来てしまったシミを還元する働きはほとんどありません。 ビタミンC誘導体はどちらかと言えば、ニキビ跡によってできる炎症性色素沈着に有効です。



紫外線によって出来たシミにおすすめはハイドロキノン配合の化粧品です。 ハイドロキノンはビタミンC誘導体やアルブチンなどのよりもシミに対する効果は強く、 出来てしまったシミを薄くする働きがあります。 ハイドロキノンを配合した化粧品として有名なのがアンプルールとビーグレンです。 どちらもハイドロキノンを独自の浸透技術でシミの元までしっかり届けます。

アンプルールは新安定型ハイドロキノン技術で熱や光に強く、肌への刺激も抑えています。 夜、睡眠前にシミが気になる部分にスポットケアを行います。ハイドロキノンは紫外線によって酸化するため、夜だけ使用します。 また、アンプルールのスポット美容液には抗酸化作用のあるαリポ酸、抗炎症作用のあるカミツレエキスなども配合し、シミにアプローチします。 ビーグレンにはハイドロキノン配合のクリームが用意されています。 ビーグレン独自のQusomeテクノロジーでハイドロキノンをカプセル化。角質層の奥までしっかり届けます。

顔のシミを薄くする方法として、これらのハイドロキノン配合の化粧品はおすすめです。 ただ、ビタミンC誘導体やアルブチンなどに比べると刺激が強いので、敏感肌の人が使用すると赤みが出ることもあります。 熱や光によって酸化しやすいため、夜、寝る前に使用する事をおすすめします。

市販の化粧品で薄くならないほどの濃いシミの場合は美容皮膚科などで濃度の高いハイドロキノンを処方してもらうことも可能です。ただハイドロキノンの濃度が高いとそれだけ刺激も強くなります。医師に十分確認する事をおすすめします。

サプリメントでシミ対策

シミ対策として化粧品のように外からアプローチするだけでなく、サプリメントなどで内側からアプローチする事も重要です。 ここではシミの改善におすすめの栄養素について紹介します。



●マルチビタミン
シミ対策で重要なのがビタミンCです。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制する作用があります。 ビタミンCは水溶性出水に溶けやすく、熱に弱いという特徴があり、サプリメントで摂取するのがおすすめです。 ビタミンEには抗酸化作用や血流改善作用があり、シミの予防に有効な栄養素です。

●プラセンタ
プラセンタは最近注目されている成長因子を配合した栄養素です。プラセンタには馬プラセンタ、豚プラセンタ、ヒトプラセンタなどがあります。 ヒトプラセンタは医療機関でしか取り扱いができません。サプリメントで多いのは馬プラセンタ、豚プラセンタです。 馬プラセンタの方が豚プラセンタよりもアミノ酸含有量が多く、価格も少し高めです。 プラセンタに含まれている成長因子にはターンオーバーを促進する作用があります。 ターンオーバーはシミの元になるメラニン色素の排出に欠かせません。 年齢とともに遅くなるターンオーバーの改善をサポートすることで、シミを薄くするサポートをします。

●アスタキサンチン
アスタキサンチンはサケ、カニ、イクラなどの海洋生物に含まれる栄養素で、ビタミンよりも遥かに強い抗酸化作用があります。 活性酸素は細胞を酸化させ、血液中の過酸化脂質の増加による血行不良などを引き起こし、代謝を低下させます。 紫外線を浴びることで発生する活性酸素を阻害することで、メラノサイトへの刺激を抑え、シミを予防します。

●コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は年齢と共に減少します。体のエネルギーや代謝に欠かせないATPを作るのがコエンザイムQを10の役割です。 コエンザイムQ10には疲労回復効果をはじめ、コラーゲン合成に欠かせない細胞の活性化、シミ対策にかかせないターンオーバーを促進する作用があります。 また、コエンザイムQ10には抗酸化作用もあり、肌老化を予防する作用もあります。

レーザー治療でシミを薄くする

シミを薄くする方法として、まずはハイドロキノン配合のクリーム等を使用します。 ただ紫外線による老人性色素斑によるシミが真皮にまで到達して濃くなると、クリームなどの化粧品だけでシミを薄くするのが難しくなります。

そこでおすすめなのが美容皮膚科、美容外科で行っているレーザー治療です。Qスイッチルビーレーザーとも呼ばれています。 メラニン色素に作用する特定の波長の光をあてることで、シミを薄くしていきます。レーザーの光でメラニンを破壊し、シミを改善します。



美白化粧品のように長期間かけてシミを改善していくわけではなく、短期間でシミを薄くしたい方に有効な治療法です。 ルビーレーザーの光でメラニン色素を破壊することでシミを薄くするので、ほとんどのシミをは1度のレーザー照射でかなり改善されます。ただシミの範囲が広い場合は数回に分けてレーザー照射を行うことがあります。

レーザー治療を行うと黒いかさぶたが出来ることがあります。 かさぶたは1週間程度でかなり改善され、剥がれてきます。ファンデーションなどのメイクで隠す事が可能です。 また、レーザー治療で軽い火傷状態になり、火傷による炎症性色素沈着が残る事があります。 炎症性色素沈着は美白クリームで薄くなります。

シミのレーザー治療は5ミリ以内で1回3,000円から5,000円程度です。 さらに、初診料やクリーム、テープ代などがかかります。シミの大きさによって費用は異なります。 シミ治療は自由診療の為、保険はききません。

ピーリング石鹸でシミを薄くする

ピーリングとは「皮を剥く」という意味があり、古い角質を取り除くことです。 古い角質を取り除くことで、代謝があがります。その結果、ターンオーバーは改善し、メラニン色素の排出を促進します。 さらに、ピーリングはシミ対策だけでなく、毛穴の黒ずみやニキビ、シワの改善にも有効です。

ピーリングは主に洗顔石鹸やクレンジングで行います。 AHA(フルーツ酸)が配合され、古い角質を取り除くのですが、ピーリング剤には種類がいくつか有ります。



ピーリング剤で多いのはグリコール酸やリンゴ酸、クエン酸です。 グリコール酸は比較的刺激が強く、リンゴ酸やクエン酸は低刺激です。PH値が低いほど刺激が強くなります。

ピーリングはターンオーバーの改善、代謝の向上に有効ですが、 敏感肌の人が使うと、刺激が強すぎて炎症になったり、赤く腫れることがあります。 敏感肌のばあい、角質のバリア機能が不安定になっているので、ピーリングよって細菌が入りやすくなったりします。

ピーリングは週に2回程度からにし、赤みが出る場合は使用を中止することをおすすめします。 ピーリングの石鹸やクレンジングを使用した後は、念入りに保湿するようにします。 石鹸やクレンジングで行うホームピーリングだけでなく、美容クリニックで行う事もできます。

クリニックでは強いピーリング剤の使用も可能です。ただ、しばらくは赤みがでたり、皮がむける事もあります。 なるべく早く、シミやニキビを改善したい方におすすめです。ただ費用は自由診療のため、1回1万円程度かかります。 顔だけでなく、背中ニキビに対してケミカルピーリングをし、古い角質による毛穴づまりを改善する事も可能です。

シミを薄くする化粧品 アンプルール




アンプルールは皮膚科医の高瀬ドクターが生み出したおすすめの美白化粧品です。 アンプルールの特徴は高濃度ハイドロキノンを配合したスポット美容液をはじめとする豊富な美容成分を配合している点です。

アンプルールのトライアルセットにはスポット美容液をはじめ、化粧水、美容液、クリームがセット。スポット美容液に配合されているハイドロキノンは独自の新安定型ハイドロキノン。光や熱、酸素に強いカプセル化されたハイドロキノンです。

化粧水には角質層のバリア機能を改善するセラミドをはじめ美容成分をたっぷり配合。美容液やクリームにもビタミンC誘導体、アルブチンなどの美白有効成分を配合し、シミ対策をサポートします。



アンプルールで最も人気の有る商品がスポット美容液。 高濃度2%のハイドロキノンを配合。ハイドロキノンはビタミンCに比べて100倍程度の美白力があります。 ハイドロキノンはシミを予防するだけでなく、今あるシミに働きかけて薄くする作用があります。紫外線によって出来る老人性色素斑やニキビ跡などの炎症性色素沈着に有効な成分です。

アンプルールのハイドロキノンは新安定型ハイドロキノン。ハイドロキノンをカプセル化することで、光や熱、酸素に強く、角質の奥まで浸透しやすくなっています。ハイドロキノン以外にも抗酸化作用のあるαリポ酸、炎症を抑える甘草エキスなども配合。夜、寝る前にシミが気になる部分にスポットで使用します。



アンプルールの化粧水には3種類のセラミドを配合。 セラミドは角質層の細胞間脂質となり、肌水分の保持をサポートします。他にも保湿作用のあるコラーゲン、植物エキスを配合。さらに、カプセル化された抗酸化成分も配合。

活性酸素を阻害するαリポ酸、レスベラトロールがシミやシワなどの肌老化を抑制します。美白を予防するビタミンC誘導体やハイドロキノンも配合し、シミ改善をサポート。化粧水は少しとろみのあるテクスチャーです。伸びがよく、しっかりと浸透します。



アンプルールの美容液にはシミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害するアルブチン、ビタミンC誘導体を配合。紫外線によって出来るシミを予防します。また、角質層のバリア機能を改善する馬セラミドをはじめ、保湿作用のあるヒアルロン酸、酵母エキスも配合。美容液はベタつきなく、しっかり伸びて浸透します。



アンプルールのクリームは美容成分たっぷり。シミを予防する美白有効成分「アルブチン」をはじめ、細胞活性化作用のあるアップルセルエキス、抗酸化作用のあるあるローズヒップなどのフルールエキス、αリポ酸、ビタミンCを配合。さらに、細胞を活性化するコエンザイムQ10やプラセンタエキス、保湿作用のあるヒアルロン酸、肌表面をカバーするスクワランやシアバターなど、美容成分をたっぷり配合。肌表面をしっかりカバーすることで、紫外線をブロックします。

シミを薄くする方法 飲み薬



シミを薄くする為に飲み薬を服用するという方法があります。飲み薬として人気があるのは、キミエホワイトやハイチオールCなどがあります。飲み薬を服用することで、体の内側からシミの改善をサポートします。目安としては3ヶ月程度服用することで、シミが次第に改善されてきます。

これらの飲み薬には「L-システイン」というシミに有効な成分が含まれています。L-システインにはターンオーバーを促進する作用があり、シミの排出を促進します。さらに、シミに欠かせないビタミンCも豊富に配合。シミの元にメラニン色素の生成を抑制します。その他、キミエホワイトには脂質代謝作用のあるビタミンBも配合。

システインでシミの排出を促進
シミの原因の多くは紫外線。紫外線によって活性酸素やエンドセリンが発生し、メラノサイトが刺激され、メラニン色素は生まれます。年齢と共にターンオーバーが落ちると、メラニン色素は沈着してシミになります。

ビタミンCでシミ予防
キミエホワイトやハイチオールCなどの内服薬にはビタミンCがたっぷり含まれています。ビタミンCにはシミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。その他にも活性酸素の抑制効果やコラーゲン合成作用などもあります。ビタミンCをしっかり補給することがシミ予防には重要です。

ニキビ、肌荒れを予防を抑制
キミエホワイトにはビタミンB2やナイアシンが含まれています。ビタミンB2には脂質代謝を促進する働きがあり、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりなどを抑制し、ニキビや肌荒れを予防。他にも血行促進するナイアシンも含まれ、冷えや肩こりなどを抑制します。